携帯電話の方はこちらからお入り下さい。

第1 後見制度とは

1 成年後見制度の趣旨

成年後見制度とは、判断能力の不十分な成人を保護し、支援する制度です。
民法や他の法律で制度が定められています。未成年については、親権者が契約締結の際の代理人になるなど、未成年者保護が定められています。ところで、成年者についても判断能力が十分にある人ばかりではありません。未成年者と同様に保護が必要な方も多いのです。
具体例としては、認知症になった高齢者が、ニュースで見るような悪徳業者にだまされて、不当に高額な家のリフォーム契約を結んでしまった場合や知的障害者が働きに出る場合に、しっかりと判断や自己主張をしないのをいいことに、不当に安い賃金で雇用契約を雇い主と結ばされてしまったような例です。
このような場合に、第三者がこれら契約を取り消すか、そのような契約締結前に第三者が代理人として契約するなどすればこのような不合理を回避できます。