携帯電話の方はこちらからお入り下さい。

第2 法定後見制度

3 後見人、保佐人、補助人の制度

本人を保護するために後見人などが持つ権限は、同意権、取消権、代理権をこれまでに見てきましたが、本人保護という任務に人を就かせるわけですから、その選任手続きや報酬などについても法律に規定があります。
(1) 後見人の制度
(イ) これまでの制度と新しい制度の違い
(a) これまでの制度
(b) 新しい制度
(ロ) 後見人の選任
(ハ) 後見人になる人
(a) 法人
(b) 複数の人
(c) 後見人の欠格事由
(ニ) 後見人の職務
(a) 後見人の職務
(b) 後見人の権限の制限
(ホ) 家庭裁判所による監督<
(a) 後見事務の報告請求、財産目録の提出請求
(b) 後見事務の調査、本人の財産状況の調査
(c) 必要な処分の命令
(d) 精神病院などへの入院の許可
(ヘ) 後見人の義務
(ト) 費用、報酬
(a) 後見の事務の費用
(b) 後見人の報酬
(チ) 後見人の辞任、解任
(a) 後見人の辞任
(b) 後見人の解任
(2) 保佐人、補助人の制度
(イ) 保佐人、補助人の選任
(ロ) 保佐人、補助人になる人
(ハ) 保佐人、補助人の職務
(ニ) 保佐人、補助人の義務<
(ホ) 費用、報酬
(ヘ) 保佐人、補助人の辞任、解任